スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

国立競技場の件

Yahooニュースによると、国立競技場が改築される。


↓↓↓読売新聞を抜粋↓↓↓

改築する国立競技場の構造を検討する日本スポーツ振興センターの有識者会議が13日、都内で行われ、8万人を収容する開閉式の屋根がついたドーム型競技場とすることを決めた。

 新しい競技場は、収容人数を現在の約5万4000人から大幅に増やすため、競技場の西側と南側にある都立明治公園や日本青年館まで敷地を広げて整備する。9レーンのトラックを敷設し、サッカーやラグビーで使う際に観客が臨場感を味わえるように、観客席の一部を可動式にする計画だ。

↑↑↑ここまで↑↑↑

8万人だと!?いったいどんだけでかくなるんだ!?

ヤマハスタジアムの約4.5倍も入るじゃないか。

それはさておきこのニュースで気になったのは収容人数ではなく屋根の話。

なぜ屋根つける!?

まぁ雨とか雪とかの日に観戦するには快適かもだが、

なぜ屋根つける!?

サッカーってのは晴れだろうが雨だろうが雪だろうが行われるもの。

自然環境の中で行われるからこその醍醐味がある。

TUBEの前田さんも前に言ってたな。

「最近は屋根がついたドームになってしまって残念だ」と。

全くその通りだな。


青い空と白い雲、走る選手、走る長友。

雨の中、走る選手、スリッピーなボール、滑る青山。

晴れも曇りも雨も風情。

いろんな状況の中だから生まれるプレーがある。

だからこそピッチ上に屋根のあるスタジアムって味気ない。

自然と戯れていたいね。

sakura

スポンサーサイト
[ 2012/07/13 23:18 ] - | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。